Events

Event Detail

This page is served with Japanese only. check this page out in Japanese

堀河屋野村18代目・野村圭佑さんによる醤油Workshop<br>~現代醤油事情と本当の醤油の作り方を学ぼう~

堀河屋野村18代目・野村圭佑さんによる醤油Workshop
~現代醤油事情と本当の醤油の作り方を学ぼう~

Aug. 23, 2017 (Wed.)

Location: OnJapan CAFÉ 6-8-1 Jingumae, shibuya-ku tokyo 1500001

Time: 19:30-

Apply

「白扇酒造・本みりんworkshop」に続く、第二弾!堀河屋野村の野村圭佑さん(18代目)による「堀河屋野村・醤油workshop」を開催。

醤油の原材料を見たことがありますか?
大豆、小麦、塩
それが醤油の原材料です!
もう一度いいます。
醤油の原材料は、
大豆、小麦、塩 たった、それだけです!

今、皆さんの家にある醤油はどうでしょうか。不思議なカタカナ言葉は記載されていませんか?
それらは本来不要のもの。
それでは、醤油はいったいどう作るのでしょう。
創業元禄年間、300年の伝統を誇る堀河屋野村の18代目、野村圭佑さんに教わります。

醤油、味噌、徑山寺味噌をつくり続けるこちらの蔵は、昔ながらの製法を守り、現在も手造り一筋。一貫して「日本の味は日本の材料で造るのが一番」が信念。化学調味料や防腐剤などの添加物は一切使用せず、丸大豆も小麦も国内産を使用。材料は、国内産の丸大豆、小麦を使用。麹ぶた仕込みで、今も、薪を使ってたきあげています。そんな、昔ながらの製法で、天然もろみを搾った濃口醤油が「三ツ星醤油」です。
今の醤油事情、そして本当の醤油のつくりかたとは何か?を学んでみませんか
日本の醤油のルーツとは?
本当の材料とは?
なぜ、毒入り添加物醤油が多いのか
そして、
三ツ星醤油をとことん、味わってみます。
豆腐や青菜、魚介類、醤油だけで作るめんつゆ、タレ、お吸い物など。
さらにいろいろ〜
ハンドレッドのメンバーの逸品と合わせた料理もお出しします。

もちろん、日本酒も!
和歌山県の酒蔵、他、堀河屋野村さんの醤油を美味しくするあの蔵のお酒!?もたっぷり!ご用意。

堀河屋野村
◉「OMUSUBIぜん」
野村圭佑さんの弟さんが恵比寿におむすびやさん「OMUSUBIぜん」を開店しました。そのこだわりの美味しいおむすびもお出しします。なお、お店では素晴らしい日本酒各種が飲めるんですよ。
◉お土産もつきます!家でも楽しさが続くよう、三ツ星醤油をお持ち帰りしていただきます。

■定員: 16名(先着順)
■ 参加費: お一人様 6,000円

Lecturer

  • Ms. Yoko Yamamoto

    Japanese sake & food journalist, local brand advisor
    Yamamoto-san was born in Sakaiminato City, Tottori. Her interest in local foods drew led her to becoming editor-in-chief of a magazine about traditional Japanese foods, featuring stories on soshoku (simple vegetable dishes), macrobiotics, brown rice grains, vegetables, traditional fermented seasonings, and sake rice. More recently, she has made supporting the 'forgotten local food treasures' her life's work. Her motto is: "let's think about the future of rice paddies. Drink a cup of sake a day, and the future of rice paddies will be secure." Her book, A Select Guide to Japanese Sake, was published by Sekaibunka-sha.

Show more events

View All