Events

Event Detail

This page is served with Japanese only. check this page out in Japanese

白扇酒造5代目・加藤祐基さんに教わる「三年熟成福来純本みりん」の会<br>昼の部 本みりんsweet・workshop

白扇酒造5代目・加藤祐基さんに教わる「三年熟成福来純本みりん」の会
昼の部 本みりんsweet・workshop

Jun. 17, 2017 (Sat.)

Location: OnJapan CAFÉ 6-8-1 Jingumae, shibuya-ku tokyo 1500001

Time: 15:00-16:30

Apply

国産の「もち米」「米麹」そして「米焼酎」の3つの米原料だけで造られる「本みりん」をご存知ですか?

「本みりん」は、江戸の昔から岐阜・美濃では、寝酒として愛飲されてきた「飲み物」でした。

老舗の酒蔵、白扇酒造さんは、昔から変わらない伝統的な手法で、本物の「本みりん」を手がけています。
それは、90日かけて仕込み、熟成に3年間も待つ、うまみたっぷりのとろりとした琥珀色のみりんです。

長期間の熟成を経ることで、深みのある甘みや、複雑なうまみが醸し出されてくるのです。
もちろん、化学調味料や砂糖、食品添加物は使いません。

スーパーで売られている「みりん」と「本みりん」では、月とスッポンほど、原材料と味が異なります。

また、「本みりん」の基準も、原材料から製法の内容まで、様々に許されているのが現状です。

白扇酒造さんのみりんは、国産原料100%を3年熟成させて醸す、飲んで美味しい本物の本みりん。
ひと味もふた味も違う本みりんなので、料亭などプロの料理人がこぞって愛用する逸品です。

その本格的な「本みりん」を、いろんな角度から知り、味わってみませんか?
製法の秘密と、使い方、飲み方など、5代目・加藤祐基さんに教わります。

●本みりんのworkshop
~内容~
 本当のみりんの原材料とは?
 本みりんはこうしてできる
 どうして熟成させるの?

 + 熟成違いを飲み比べる(新酒、3年もの、10年もの)

   使い方のヒント
 みりんを使った簡単ドリンク、スイーツ
 いろいろ

   ほか

 *「三年熟成福来純本みりん」のお土産付き
■定員: 10名(先着順)
■ 参加費: お一人様 3,000円

Lecturer

  • Ms. Yoko Yamamoto

    Japanese sake & food journalist, local brand advisor
    Yamamoto-san was born in Sakaiminato City, Tottori. Her interest in local foods drew led her to becoming editor-in-chief of a magazine about traditional Japanese foods, featuring stories on soshoku (simple vegetable dishes), macrobiotics, brown rice grains, vegetables, traditional fermented seasonings, and sake rice. More recently, she has made supporting the 'forgotten local food treasures' her life's work. Her motto is: "let's think about the future of rice paddies. Drink a cup of sake a day, and the future of rice paddies will be secure." Her book, A Select Guide to Japanese Sake, was published by Sekaibunka-sha.

Show more events

View All