Events

Event Detail

This page is served with Japanese only. check this page out in Japanese

日本の伝統色を季節で味わう会 <br>【5月18日(木曜)】は、「萌葱色(もえぎいろ)のテーブル」を開催します。

日本の伝統色を季節で味わう会
【5月18日(木曜)】は、「萌葱色(もえぎいろ)のテーブル」を開催します。

May. 18, 2017 (Thu.)

Location: OnJapan CAFÉ 6-8-1 Jingumae, shibuya-ku tokyo 1500001

Time: 19:30-

Apply

萌葱色の語源をご存知ですか?
萌 + 葱

萌葱色は、萌えいでる「葱」の芽のような緑色のこと。

萌「黄」色とも書きますが、「黄」の場合、黄色味がかった明るい緑をさします。

ひと口に「もえぎ色」といっても、「萌黄」と「萌葱」は違う緑色なのです。

「萌葱」色で有名なのは、歌舞伎の定式幕(じょうしきまく)で「黒、柿、萌葱」の縦ストライプ3色から構成されています。

「萌黄」色は、平安時代から使われている伝統的な色名で『源氏物語』にも以下のように登場する古い色なのです。

「柳の織物の細長、萌黄にやあらむ、小袿着て、羅の裳のはかなげなる引きかけて、ことさら卑下したけど」
~『源氏物語』「若菜下」紫式部 ~

また、「萌黄」色は、JR北海道のコーポレートカラーにも採用されています。

「萌黄」と「萌葱」がありますが
「もえぎ色」は、春に萌え出る若葉のような、鮮やかな黄緑色を表すというわけで

次回の日本の伝統色を季節で味わう会
【5月18日(木曜)】は「萌葱色(もえぎいろ)のテーブル」
と題し、色にちなんだ全国各地の「葱」と、季節の「山菜」、純米酒などをご用意します。

春を満喫するフレッシュな緑~黄色は、葱と、この時季は何と言っても「山菜」
ふき、ふきのとう、わらび、ぎょうじゃにんにく、うど、たらのめ、ぜんまい、あさつき、こごみ など、ここぞというプレミアム山菜地域の生産者さんと、料理人の協力もお願いする予定です。

採れたての山菜、全国各地の葱、その「酒肴」など、たっぷりご紹介します。

図鑑のように「萌黄」と「萌葱」を味わいます!

 この山菜の名前はナニ?
 このネギの名前はナニ?
 名前当てクイズも行います。

純米酒各種、飲み放題!

■定員: 16名(先着順) ■ 参加費: お一人様 6,000円

Lecturer

  • Ms. Yoko Yamamoto

    Japanese sake & food journalist, local brand advisor
    Yamamoto-san was born in Sakaiminato City, Tottori. Her interest in local foods drew led her to becoming editor-in-chief of a magazine about traditional Japanese foods, featuring stories on soshoku (simple vegetable dishes), macrobiotics, brown rice grains, vegetables, traditional fermented seasonings, and sake rice. More recently, she has made supporting the 'forgotten local food treasures' her life's work. Her motto is: "let's think about the future of rice paddies. Drink a cup of sake a day, and the future of rice paddies will be secure." Her book, A Select Guide to Japanese Sake, was published by Sekaibunka-sha.

Show more events

View All